ホーム

ようこそ 星☆クラブ横浜へいらっしゃいました。クラブのご紹介のほか、星空ギャラリーでは、会員が撮影した写真も展示しています。私たちの活動をぜひご覧ください。

星☆クラブ横浜について

  • M31

星☆クラブ横浜は、神奈川県横浜市及びその近郊の星好きの人達による天文同好会です。

1988年に数名の高校生により設立された天文同好会が前身。現在は約30名の会員が集い、例会(原則として毎月満月に近い土曜日)や観望会(天文現象に合わせて随時)を実施しています。春または秋の連休に2泊3日程度の合宿も行われます。
本格的に天体写真を撮影したい方から雪見酒ならぬ星見酒を 楽しみたい方まで、幅広いニーズに対応できるのが星☆クラブ 横浜の良いところです。
会員のご家族対象の「家族会員制度」や一般市民対象の「市民観望会」、「写真展」など、潜在的な “星好き”を増やす活動?!も充実しています。また、お花見、忘年会なども 恒例行事となっています。
毎月発行される会報「星くず」には、日々の活動の報告の他、天文にまつわるエッセイや小説も登場。天文という趣味を肩肘張らずに楽しみたい、そんな会員が集まっています。

例会・観望会

2022年例会の予定

観望会
2021年 2020年 2019年 2018年 2017年

「例会」は毎月一回の開催で、会の運営や活動計画などについて話合う場であるとともに、会員間の情報交換と親交の機会でもあります。通常は土曜日に行っています(勉強会あり)。
「観望会」は随時企画され、季節や観望の対象によって観望場所を選んで出かけます(合宿あり)。

会報「星くず」

会報「星くず」

「星くず」は星☆クラブ横浜の会報です。毎月発行され通巻389号となりました。
最新号は2022年5月号です。

☆☆☆ CONTENTS:目次 ☆☆☆
・おおぐま座周辺を星雲散歩
・夏の天の川を先取り撮影
・天の川先撮り
・YouTube動画アップのお知らせ
・ゴールデンウィーク奮戦記
・「円形の星像を求めて」の翻訳
・深谷市「もくせい館」からFCT-200搬出
・2022年5月~6月の星空
【観望報告】
・自宅から撮影(超新星、太陽黒点等)
・4月、5月冷却CMOSカメラで撮像
・富山県氷見市での新月期の定期観望
・福島県鮫川村での5年振りくらいのまともな撮影

【表紙】 NGC4647に出現している超新星

「星くず」は、星☆クラブ横浜の会報です。毎月発行され、通巻389号となりました。
※コロナウイルスの影響でオンライン例会の為、今月号もPDFでの配布となりました。